私立高校 偏差値一覧

高校入試 私立高校 偏差値一覧 関西&関東

私立高校・偏差値一覧

このサイトは、高校 偏差値受験成功の手がかりとなる、
私立高校 偏差値の偏差値情報をまとめたサイトです。

 

偏差値とは、簡単に言うと、
平均からどれくらい離れているかという目安です。

 

ある試験を受けた生徒の成績を、
順に並べて平均点との差を取って
散らばり具合を表したものです。

 

私立高校 偏差値受験自体は、同じ試験で行われないため、
偏差値はあくまでも参考情報です。

 

が、W合格もぎ、Vもぎ(関東)など、
大きな模試での偏差値は、
他の受験生がどの程度の学力を持っているか
大きな目安になりますので、非常に役立ちます。

 

都道府県立の高校 偏差値受験の場合は、
評点と偏差値が非常に大きな意味を持ちます。

 

公立高校 偏差値受験の場合は、中学から出される評点、
いわゆる「内申点」が得点になり、
それに実際の入試の得点が加算されて、
合格・不合格が決まるという仕組みなのです。

 

この場合、普通レベルの高校 偏差値では、
都道府県共通の問題を同じ日時で受験します。

 

同じ問題を解いて合格が決まるような場合は、
偏差値というのは非常に重要な指針となります。

 

特に公立高校 偏差値用の模試の偏差値は、
そのまま合格・不合格を占うものとなります。

 

なので、評点が足りていても、偏差値が悪いようなら、
1ランク受験校を落とすか、
私立などの高校 偏差値の滑り止めを確保した上で
めざす公立高校 偏差値に挑戦する必要があります。

私立高校受験には、偏差値は最低ボーダーライン

一方、私立高校 偏差値では、偏差値が良くても、
それだけでは合格には手が届きません。

 

高校 偏差値受験のための模試には、公立用と私学用があって、
私学受験に関しては、私学用模試でないと、
あまり参考にはなりません。

 

というのも、公立高校 偏差値用の模試の場合は、
英語にしても数学にしても、
あまりハイレベルな問題は出ませんから、
できる受験生は高得点がとれます。

 

しかし私立高校 偏差値用の模試の場合は、
英語にしても数学にしても、
難しい問題がでますので、
そう簡単には点数が摂れません。

 

しかもたとえ満点を取れたとしても、
慶應や青山など、難関高校 偏差値合格は、
五分五分と言った状態になります。

 

最難関校受験はもう、ギャンブルに近いので、
模試でいくら良い点を取っても、ダメなんですね。

 

なので難関校を目指す場合は、
偏差値は最低限のボーダーラインだと思って下さい。

 

それ以下なら、受験してもまず受かりません。

 

自分の目標としている高校 偏差値に合格するための
偏差値を参考にして、戦略をしっかりねりましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加